スポンサーリンク

仕事中の熱中症の治し方 頭痛が続く場合に効果のある薬は

スポンサーリンク

どんどんと気温が上がって暑い夏が続きますね

夏に注意したいのが熱中症です。

中でも、熱中症による頭痛はとても厄介!
普通の頭痛とは違って治りにくいって知っていましたか?

今回は、熱中症による頭痛について、急に痛くなった場合の
対処法や、薬の服用の注意点などについてご紹介します。

仕事中に頭痛が 熱中症になった場合どうしたらいい?

仕事中や外出先で急に頭痛が…!

すぐに病院に行くことも出来ないし、どうしたらいいの?

気温が上がると屋外だけでなく、室内においても熱中症になりやすい
状態になります。

日頃から頭痛になりやすいというあなた。

いつもの頭痛と、熱中症による頭痛は全く別物。
誤った対処をしないように、ここでしっかりと覚えておきましょう。

普通の頭痛の場合、炎症を鎮めたり熱を下げる鎮痛剤を
飲む方も多いと思いますが、
熱中症による頭痛の場合は「頭の脱水症状」が原因のため、
鎮痛剤を飲んでも治りません。

では、普通の頭痛と熱中症による頭痛をどのように
見分けたらよいのでしょうか?

一般的な頭痛は、頭が脈を打つような痛みであるのに対し、
熱中症による頭痛は「締め付けられるような痛み」であると
言われています。

また、熱中症による頭痛は、中度に分類されますが、他にも

・めまい
・吐き気・嘔吐
・倦怠感・虚脱感

などの症状も含まれ、併発しているかどうかも
目安の一つにしてください。

それでは、熱中症による頭痛の場合、
どのように対処したらよいでしょう?

基本的に「体を冷やして体温を下げ、
水分補給をこまめに行う」ことが
解消のカギとなってきます。

具体的には、

①痛み出した早めの段階で水分補給をする

②涼しい場所に移動する

③衣服を緩め、足を高くして休む

④首筋や脇の下を濡らしたタオルなどで冷やす

この手順をすばやく行ってください。

頭が痛くなりだしたな、と思った時に水分補給を
しておけば、本格的な頭痛を避けることが出来ます。

上記の応急処置は、頭痛だけなく熱中症を疑ったら
まず始めに行う基本的な流れですので、
覚えておくとよいでしょう。

ちなみに、水分補給には、ミネラルや塩分が含まれた
スポーツドリンクがオススメです。
他にも、味噌汁、スイカももってこいだそうですよ♪

熱中症をすぐに治したい 効果のある薬は

前述したとおり、熱中症による頭痛の場合、
一般的な頭痛薬には効果は期待できません。

頭が脱水状態のときに、頭痛薬を服用すると、
低血圧や痙攣を起こす可能性があります。
効果がないどころか、危険な場合があるので、
絶対に服用しないでください。

では、頭痛以外でも熱中症をすぐに治したい時に、
効果のある薬はあるのでしょうか?

残念ながら

「熱中症の症状に効く薬はない」

のが答えです。

熱中症の頭痛や吐き気、だるさなどは、
通常のものとは異なるため、解熱剤や吐き気止め
などを服用しても効果がないのです。

先ほども触れましたが、体がちょっといつもと違うな?と
感じるようなら、早めの「水分補給」と「体を冷やす」
応急処置をしてください。

意識障害などの重度の症状が見られるようでしたら、
すぐに救急車を呼ぶことを忘れずに。

絶対知っておきたい 熱中症の怖さ

熱中症は、気温と湿度が高まる梅雨の時期から
注意が必要になります。

また、屋外、屋内問わず多く発生する症状です。

ちょっとでも体がおかしいと感じたら、
熱中症を疑ってください。

以下に熱中症の進行を3つの段階で紹介します。

〈軽度〉
めまい、失神、顔面蒼白、筋肉痛、こむら返り、
大量の汗、または全く汗が出ない

〈中度〉
頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感

〈重度〉
意識障害、痙攣、手足の運動障害、以上に高い体温

軽度の場合は、応急処置を行って様子を見てください。

中度は、病院を受診する必要があります。

重度になると、命にかかわる危険な状態です。
すぐに救急車を呼びましょう。

熱中症は、命を落とすこともある恐ろしい病気です。

症状が軽いからといっても軽く考えずに、
すばやい応急処置で重症化を防ぎましょう。

まとめ

いかがでしたか?

熱中症になった場合の治し方について見てきましたが、
「効果のある薬が無い」という残念な事実も知りましたね。

ですが、熱中症は日頃からの努力で防ぐことが出来ます。

・気温の高い夏の時期は、必ず水分補給を忘れず
・睡眠時間は最低でも6時間は確保
・バランスのよい食事を心がける

など、普段から熱中症対策を心がけて、夏バテに注意し、
夏を快適に過ごしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました